世界どこでもドクター:海外医療のコンビニ

香港から・・・TEL: (852) 5989-5110

中国から・・・TEL: (86) 17817407501

☆LINE(ID:japaneseclinic)『無料医療相談』受付中☆

世界どこでも:海外で病院を探すときは・・・
海外医療のコンビニへ:何でもご相談ください。

  • ☆性病(性行為感染症)とは?

    2017年5月19日

    性行為(SEX以外でもディープキス・ペッティング・フェラチオ・クンニリングス・アナルセックス等、道具を使った行為等も含める)によって感染する全ての感染症を指します。感染源は、体液(精液、膣分泌液、血液など)の中に含まれ、おもに人体の粘膜(陰茎、膣、肛門、尿路)を介して感染します。また、口腔、のど、気道、眼からも感染することがあります。性行為感染症(STDs)は、多くの異なる疾患があります。主な性行為感染症(STDs)として、次の疾患が挙げられます。 ・梅毒 ・淋病 ・非淋菌性尿道炎 ・クラミジア ・陰部ヘルペス ・トリコモナス ・骨盤内炎症性疾患(PID) ・HIV/エイズ >原因は何ですか? 性行為感染症(STDs)の感染経路は、それぞれの疾患ごとに異なり、細菌、ウイルスや寄生虫による感染が考えられます。 >一般的な症状は? それぞれの性行為感染症(STDs)により治療方法も異なり、特に女性の疾患は症状が見られない場合があります。一般的な症状としては、ペニスや膣からの異常な分泌液、排尿時の痛みや不快感、陰部の発疹、潰瘍、水泡やイボ、性器のかゆみ、炎症があります。 >適切な予防策は? 性行為感染症(STDs)の多くは、安全な性交渉で防げます。性感染をしていない1人のパートナーとのみお互いに行う。コンドームを適切に使う。 >性行為感染症であるとどのように分かりますか? 第一に、専門医による診察をお勧めいたします。性行為感染症は、生殖器分野からの採取、血液検査または尿検査により診断されます。あなたと性交渉した人も同様に、性行為感染症のためにテストをする必要があります。 >治療法は何ですか? 多くの性行為感染症(STDs)は、抗生物質などの薬剤投与により、治療されます。専門医からの指示に従い、所定の錠剤の服用が必要です。ご自身の判断では、適切に治療されていない可能性があります。ご自身と同時に、感染した可能性が高いパートナーも診察をお勧めします。パートナーが感染している場合、ご自身が再度感染する可能性があります。ウイルスにより引き起こされる性行為感染症の場合、不快感をなくし、再発を防止する事を助ける治療法があります。治療期間中、病気の拡散を防ぎ、薬剤治療の効果を持続させるために、性的接触を控えていただくことをお勧めいたします。ご自身の性行為感染症が、治癒または制御されていることを確認するためには、専門医の再診が必要となります。 >どのように治療したら良いのですか? 性行為感染症は身体全体に影響を及ぼす深刻な疾患です。性行為感染症のなかには、適切な治療を施さない場合、子孫に影響を及ぼすものもあります。ご自身による独断での治療は、ご自身だけでなくパートナーにも悪影響を及ぼします。何らかの疑いがございましたら、専門医師による適切な指導をお勧めします。 ☆性感染症の治療なら・・・ 泌尿器科・中国性病治療センター(香港・中環セントラル) 紹介ページ 日本語OK、性病専門治療・検査 (シンセン・珠海・広州・東莞からの通院もOK) 香港電話(+ 852) 5418-7122 (24時間受付)   [ご参考]STDs関連英単語 性感染症 STD 梅毒 syphilis HIV感染症 Human Immunodeficiency Virus infection 後天性免疫不全症候群またはエイズ acquired immunodeficiency syndrome 性器クラジミア感染症 genital chlamydial infection 性器ヘルペス genital herpes 淋菌感染症 gonococcal infection 尖圭コンジローマ condyloma acuminatum 膣トリコモナス症 trichomonas vaginalis infection 性器カンジダ症 genital candidiasis 性器伝染症軟属種 genital molluscum contagiosum ケジラミ症 pediculosis pubis 軟性下柑 chancroid

    Posted by 海外の日本語対応の病院クリニックなら【世界どこでもドクター】海外医療のコンビニ at 05:59 / 医療コラム