●フィリピンで麻疹の患者数が増加

2018年3月31日

今年1月から2月初旬までにフィリピンで麻疹の患者が800人以上確認されました(英国 FitForTravel 2018-3-3)。これは昨年の3倍の数になります。患者発生はミンダナオ島のZamboangaやDavaoで多くみられています。日本国内では2014年に、フィリピンからの輸入症例を起点とする麻疹の国内流行が発生しています。現地に滞在する渡航者は、ワクチン接種を受けるなどして、日本に持ち込まないように注意する必要があります。


Posted by 海外と日本を結ぶ【世界オンラインドクター】海外と日本を繋ぐ『オンライン医療相談』 at 15:26 / 『今、流行している病気』,フィリピン,東南アジア

『病院・クリニック』情報

香港ドクター24 ブログ