フィリピンのデング熱流行状況

2018年4月26日

フィリピンのマニラ北部にあるPangasinan県で、1月から3月までにデング熱の患者が1,000人近く発生しました(英国FitForTravel 2018-4-18)。これは昨年同期の3倍近い数です。フィリピン全体の患者数は、2月末までに15,000人と例年よりも少なくなっていますが、今後、雨季の到来とともに全国的に患者数が増加する可能性があります(WHO西太平洋 2018-4-12)。


Posted by 海外と日本を結ぶ【世界オンラインドクター】海外と日本を繋ぐ『オンライン医療相談』 at 17:20 / 『今、流行している病気』,フィリピン,東南アジア

『病院・クリニック』情報

香港ドクター24 ブログ