南半球でのインフルエンザ流行状況

2018年7月26日

南半球は冬期に入っており、南アフリカや南米でインフルエンザの流行がはじまっています(WHO 2018-7-9)。ウイルスの種類はA(H1N1)が多く検出されています。オーストラリアやニュージーランドでは患者数の増加がみられていません。


Posted by 海外と日本を結ぶ【世界オンラインドクター】海外と日本を繋ぐ『オンライン医療相談』 at 09:27 / 『今、流行している病気』,アフリカ,アラブ諸国・トルコ・アフリカ,アルゼンチン,コロンビア,チリ,ブラジル,ベネズエラ,ペルー,中南米

『病院・クリニック』情報

香港ドクター24 ブログ