HOME > エボラウイルス病 – コンゴ民主共和国

エボラウイルス病 – コンゴ民主共和国

2018年6月7日

 

2018年5月30日以降、コンゴ民主共和国でエボラウイルス病(EVD)の確定診断例が新たに2例報告されました。いずれの症例もイボコ(Iboko)保健医療圏から報告されました。最近、入手可能な情報によって、いくつかの症例の分類を更新することが可能になりました。

 

2018年4月4日から6月3日まで、赤道(Equateur)州の3つの保健医療圏から25人の死亡(死亡率= 45%)を含む合計56件(うち確定37例、ほぼ確実13例、疑い6例)のエボラウイルス病の症例が報告されています。各保健医療圏別の内訳は、ビコロ(Bikoro) 26例(うち確定10例、ほぼ確実11例、疑い5例)、イボコ 25例(うち確定23例、ほぼ確実2例)、ワンガタ(Wangata) 5例(うち確定4例、疑い1例)です。医療従事者の感染例も5例が報告されています。

 

2018年5月31日現在、合計880人の接触者がアクティブなフォローアップの下にあります。

 

図1は、2018年4月5日から6月3日までの確定例及びほぼ確実例の50件について、発症日を示しています。図2は、年齢が確認された確定例及びほぼ確実例の49例について、年齢および性別を示す。年齢範囲は8〜80歳で、年齢の中央値は41歳です。症例の61%が男性です。図3は、確定例及びほぼ確実例、疑い例が報告されている保健医療圏の場所を示しています。

 

図1:2018年4月4日から6月3日の間にエボラウイルス病の確定例、ほぼ確実例の発症日の分布(n=50)

 

図2:2018年4月4日から6月3日の間にエボラウイルス病の確定例、ほぼ確実例の年齢と性別による分布(n=49)

 

図3:2018年4月4日から6月3日の間のコンゴ民主共和国、赤道州保健医療圏ごとのエボラウイルス病の確定例、ほぼ確実例の症例数

出典 Ebola virus disease – Democratic Republic of the CongoDisease outbreak news 6 June 2018