世界どこでもドクター『海外医療のコンビニ』

<お問合せは、ここから>
『海外の病院』医療ご相談



  • 海外の病院を探すなら【世界どこでもドクター】
    世界で『あなたを最適な病院に』ご案内します。

       
    HOME >  ご滞在の『国・都市』を選択ください。

    ご滞在の『国・都市』を選択ください。

    病院・クリニックの『名前』から検索

     

    (日本出国前)旅行クリニック or 空港クリニック

    旅行クリニック
    (救急車・電話番号 199)


    空港クリニック


    東アジア:韓国・台湾・香港・中国など

    韓国の病院・クリニック
    (救急車・電話番号 119)


    台湾の病院・クリニック
    (救急車・電話番号 199)


    香港の病院・クリニック
    (救急車・電話番号 999)


    マカオの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 999)


    中国の病院・クリニック
    (救急車・電話番号 120)


    モンゴルの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 103)


    東南アジア:タイ・シンガポール・マレーシア・インドネシア・フィリピンなど

    タイの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 1669)


    シンガポールの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 995)


    マレーシアの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 999)


    インドネシアの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 119/118)


    フィリピンの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 117)


    ブルネイの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 991)


    ベトナムの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 115)


    ラオスの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 195)


    カンボジアの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 119)


    ミャンマーの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 192)


    バングラデシュの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 888855/400011)


    インドの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 102)


    オセアニア:オーストラリア・ニュージーランド・フィジー

    オーストラリアの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 000)


    ニュージーランドの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 111)


    フィジーの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 911)


    北米(カナダ・アメリカ)・ハワイ・グアム・サイパン

    カナダの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 911)


    アメリカ合衆国の病院・クリニック
    (救急車・電話番号 911)


    ハワイ・グアム・サイパンの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 911)


    中南米:中央アメリカ諸国・メキシコなど:南アメリカ諸国・ブラジルなど

    ブラジルの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 192)


    メキシコの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 066/060/080)


    グアテマラの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 123)


    パナマの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 911)


    コロンビアの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 112/123/132)


    ベネズエラの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 171)


    ペルーの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 117)


    チリの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 131)


    アルゼンチンの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 107)


    ヨーロッパ諸国:イギリス・フランス・スペイン・イタリア・ドイツ・ロシアなど

    イギリスの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 999/112)


    アイルランドの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 112/999)


    フランスの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 112)


    スペインの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 112/061)


    ポルトガルの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 112)


    スイスの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 144/112)


    イタリアの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 118/112)


    マルタの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 112)


    ベルギーの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 100/112)


    オランダの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 112)


    ルクセンブルクの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 112)


    ドイツの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 112)


    デンマークの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 112)


    ノルウェーの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 113)


    スウェーデンの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 112)


    フィンランドの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 112)


    オーストリアの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 112/144)


    チェコの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 112/155)


    ハンガリーの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 104/112)


    スロベニアの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 112)


    マケドニアの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 194/112)


    ギリシャの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 166/112)


    ポーランドの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 999/112)


    リトアニアの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 03/103/033/112)


    ベラルーシの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 103)


    ウクライナの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 03/103/112)


    ロシアの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 03)


    中近東:トルコ:中東諸国・アラブ首長国連邦など:アフリカ諸国・エジプトなど

    トルコの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 112)


    ジョージアの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 113)


    アルメニアの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 113)


    アラブ首長国連邦の病院・クリニック
    (救急車・電話番号 998/999)


    サウジアラビアの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 997)


    オマーンの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 9999)


    カタールの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 999)


    バーレーンの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 999)


    イスラエルの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 101)


    ヨルダンの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 193/199)


    イランの病院・クリニック
    (救急車・電話番号 115)


    アフリカ諸国の病院・クリニック


    『海外旅行保険』から、キャッシュレス受診ができる提携病院を探します。

    ご加入の『保険会社』を選択ください。

    世界各国の医療事情・健康情報ご提供:ご相談を承ります。

    『世界どこでもドクター』は、世界各地の医療アシスタントを通して、最新の医療事情・健康情報の把握に努めております。日本人医師・日本語対応の医療通訳常駐の病院・海外旅行保険の適用条件など、日本人の患者様に安心してご活用いただける医療情報をお届けすることが運営の理念です。健康・医療に関するご相談は、お気軽にご連絡ください😀

    ご相談の内容によっては、各病院・クリニックより、直接ご回答させていただきます。お気軽にお尋ね頂けますと幸いです。『世界どこでもドクター』


    『世界どこでもドクター』の強み

    「世界どこでもドクター」は、日本語受付スタッフが常駐し、患者様に最適な病院をご紹介いたします。インターネット経由での病院検索で、どの病院を選ぶのが良いか迷われている方に、適切なアドバイスをお届けいたします。

    「世界どこでもドクター」よりご案内できる「診療科目」は、内科、小児科、外科、整形外科、眼科、耳鼻科、産科、婦人科、皮膚科、泌尿器科、性病、心療内科、精神科、カウンセリング、歯科、矯正歯科、予防接種、健康診断、不妊治療、ご出産まで、あらゆる診療科目に対応しております。患者様に最適な医療機関を受診いただけますよう、病状に適した医療機関をご案内させていただいております。

    お電話もしくはメールにてサポートいたします。お気軽にお問い合わせください。各病院、クリニックへご来院いただきました際にも、日本人の医療通訳が受診をサポートしますので、ご出張時やご旅行時の体調不良でも、安心してご利用いただけますよう努めております。全般的なご医療相談窓口として、ご活用ください。


    ご参考:海外での病院・クリニック・医師の選び方

    海外への旅行・滞在中、医療のことは誰にとっても大きな心配事のひとつです。言葉が通じない異国で体調を崩してしまったらどうしよう、万が一、病気や怪我をした時に診てほしいが、どこの病院に行けば良いのか分からない等、海外旅行に伴い多くの人が漠然とした不安を抱くのではないでしょうか。小さなお子様を連れての海外旅行では、尚更のことです。自分の期待に適う医療機関や医師をどのように探せばよいのか、簡単にまとめておきたいと思います。


    まずは、既に現地に在住している日本人の方からの評判を聞いてみましょう。何人かに聞いてみて、比較的高い評価を得ている病院・クリニックを候補とすることがその第一歩です。その上で利便性などを考えて医療機関を選び、受診して下さい。もちろん、これで良いというわけではありません。受益者としての患者様は、初めて会った医師に対して「これからも頼れるのかどうか」を判断しなければいけません。その基準は、自分にあった良い医師を探す上でとても重要なものです。この事を念頭に、診察を受けることがとても大切です。これは海外生活をする人だけに限るものではなく、若干異なる部分はありますが、日本で良医を探す場合にも役立つことです。 それではその基準を紹介しましょう。


    第一印象

    初対面の医師。実際に会ったときの第一印象はとても大切です。良医を前にすると、たとえ不安でいっぱいの患者様であったとしても、ホッとすることが少なくはありません。反対に嫌な医師に当たってしまったなと思ったら、たとえ親しい人に紹介された医師であったとしても自分の医師リストからそっと外しましょう。最初の印象はその医師との信頼関係を築けるかどうかを判断できるくらい大きな部分を占めます。

    診療態度

    もちろん診察全般を通しての印象も大切です。患者様の顔、目を見ないで診察・問診する医師は信頼できません。医師と患者様は対等です。上から目線で決めつけたような診察をする医師は避けたいもの。一般的に医師はある程度診断名を想定しながら患者様に問診するものですが、YesかNoでしか答えられない質問しかしない医師も好ましくはありません。もちろん診察中の患者様の質問にも具体的にかつわかりやすく答えてくれる医師が望まれます。

    患者様への説明

    通り一遍の診察で断定的な診断を下してその説明をしない、あるいは説明を求めても面倒臭そうな態度を示す医師は次回から避けたいものです。たとえ難しいことでも患者様にわかりやすく解説してくれる医師の能力は高いといえます。どのような専門家でも難しいことをそのまま説明することは簡単なこと。しかし、門外漢の素人にもわかりやすく説明するには、それなりの高い能力が必要になるものです。

    セカンドオピニオン

    大きな病気の診断を受けた時は、セカンドオピニオンが欲しいものです。セカンドオピニオンの話を切り出した途端に態度が変わる医師は、自分の診断に自信がない証拠です。セカンドオピニオンを求めることは患者様の権利です。信頼できる医師は、すぐに診療の記録を出してくれて気持ちよくセカンドオピニオンに送り出してくれるものです。

    他の医師への紹介状

    具合が悪い時、先ず受診する医師は一般医-ジェネラルドクターです。専門医の診断が必要であるのかどうかを的確に判断し、必要であればすぐに紹介状を出してくれる医師は良医です。自分で確たる治療法が見つからないにもかかわらず、根拠なくいろいろと検査をしてみたり、薬を試してみたりして患者様を離そうとしない医師は良くありません。

    お薬の説明

    最近、解熱剤と抗生物質の処方が多すぎるのではないかとの議論があります。風邪と診断して何の説明もなく抗生物質を処方したり、熱があるからといって闇雲に解熱剤を処方する医師は、あまり感心しません。日本人は患者様からこのような薬を求めることが多いようですが、これらの薬に限らず、医師またはスタッフがきちんと説明してくれる医療機関は信用できるところです。

    医師や歯科医師あるいは医療機関を選ぶ場合に、自分の希望を完全に満たしてくれるということはほとんど期待できません。ある程度の妥協が必要ですが、自分から医師・歯科医師に近づいていくことも必要であり、その方が患者様メリットは大きいと思われます。繰り返しますが医療者と患者様は対等です。若干の違和感があったとしても、診療や治療に対する自分自身の希望はもちろんのこと、自身の情報も医師等にできる限りオープンにすることも大切な診察作法といえますし、医師らとの信頼関係を構築することに役立ちます。海外で病気治療することがないのが理想ではありますが、何が起こるかわかりません。病気には縁がないと自信を持っている方でも、普段から万一のことを考えておきたいものです。

     

    『患者さまの声』履歴

    香港ドクター24 ブログ