HOME > 医師の海外でのバイト

医師の海外でのバイト

2017年5月27日

海外で医師として正式採用されるという方法は何気に困難な道です。しかしながらアルバイトという形であればどうなのでしょうか。さまざまな国において、医師のアルバイトの事情というものは、どういったものであるのか?またその自国の人間だけでなく、外国人のアルバイトを受け入れる体制が整っているのかどうかということは、情報として収集しておきましょう。 海外において、日本語を話すことができる医師というものを、アルバイトとして募集している国は、多くはないものの存在しているというのが、事実としてあります。たとえば中国やシンガポールなどのアジア圏において、日本企業が多く進出しているような土地では、現地における日本人向けに日本語を話すことができる日本人医師を、採用するというケースが多く見られているのです。 しかしながら、注意しておきたいところは、あくまでも日本語とその該当国の言語が必須条件であるということです。たとえば募集要項にしても、日本語が話すことができる中国人医師などというように、現地語が堪能であるということが、最低条件になっていますから、アルバイト先の国の言葉が日常会話以上に話すことができるというのが必須条件であると言えるのですよ。 日本企業が拠点をおくエリアというところとなれば、必然的にそのエリアは都市部に限定されます。ですから、ある程度の給与がなければ、生活をしていくことが難しいということになりますから、求人があったからといって、すぐさまにその求人に飛びつくというのは危険なんですね。せっかく海外勤務をすることができても、生活をすることができなければ、正直言って転職失敗だと言えるでしょうからね。 こういった事情は、なかなかに個人レベルで情報収集をすることは難しいと言えるでしょう。ですから医療系に特化した転職支援サービスサイトなどに登録し、実際に紹介をしてもらうということ。また案件が薄かったとしても、情報収集ができるというメリットがありますから、利用することが賢い方法であると言えるでしょうね。 また近年、日本における医師や看護師不足解消の政策として、EPAの導入により、インドネシアやフィリピンなどから、看護師や医師を受け入れているという動きが活発です。その代わりに、日本人医師などの受け入れも、これらの国では積極的に行っているという事情がありますから、やはり医療事情に詳しい転職支援サービスサイトで情報を収集することが一番の方法ではないでしょうか。