HOME > 医師の海外留学・勤務の助成金は?

医師の海外留学・勤務の助成金は?

2017年5月27日

医師が海外で働きたいと思った場合には、研修を受けたり、資格取得をするためのさまざまな準備が必要になってきます。これらのことを実現するためには、やはり資金面のことを避けては通れない問題です。さまざまな医療機関などでは、医師の海外留学制度に対して、支援や助成を行っているところも多く存在しています。これを知らないと、「無職」状況のままに、資金面でも自分だけで貯め、負担をしなければならなくなってしまうわけですね。 たとえばある医療機関では、研修費を奨学金として貸与するようなシステムを取り、医師の海外留学というものを全面的にバックアップしているような医療機関も存在しているのです。その後に、その特定の協会職員として、1年間などの決められた期間を勤務した場合には、奨学金の返還の一部免除を行っているというところもあります。 また海外に研修をしているときでも、業務出張として扱ってくれるために、給与の支給を行っているという海外留学を推進している医療機関も存在しているんですよね。ただし、それぞれに規制というものもありますからしっかりと調べておくことが大事ですよ。 たとえば前述に紹介している医療機関の場合であれば、原則的に現地の医師との交換留学というシステムをとっています。その上で、留学の期間が3ヶ月までという規制が設けられています。ただし一部の例外として、理事長が認めた場合のみ、留学期間を延長することができるという場合があります。 他にもそれぞれに留学研修ができる人間の条件が設けられていたり、また勤務になることができる条件というものを、設けているところがほとんどですから、しっかりと調査することが大事ですよね。こういった情報は、医療業界に明るく、広く情報というものを有している人間に聞き、転職活動をしていくことが、一番の方法だと言えるのではないでしょうか。 そこで転職支援サービスサイトが挙げられるのです。こういったサイトに登録をしておけば、日本国内において、海外留学の支援を行っているような医療機関を把握することができますし、そういった医療機関への転職を斡旋してくれることもあるでしょう。その上で、就業前には質問しづらい海外留学への条件面や、支援制度の有無なども把握することができますし、どの程度のスキルや条件を満たしていれば、留学することができるかも、事前に知ることができます。こういった方法で海外へ留学したり、勤務することができる方法というものがあるのです。