病院検索ページ > 台湾大学医学部付設医院(台灣大學附設醫院)National Taiwan University Hospital

台湾大学医学部付設医院(台灣大學附設醫院)National Taiwan University Hospital

台湾大学病院の本院です。International Medical Service Centerへどうぞ。

【病院名】 台湾大学医学部付設医院(台灣大學附設醫院)National Taiwan University Hospital
【診療科目】 総合・救急
【電話番号】 (02) 2356-2900
【メール】 ntuhimsc@ntuh.gov.tw
【所在地】 台北市中山南路7號 No 7, Chung Shan South Rd
【診療時間】 通常外来:月曜から金曜:9:00-12:00、14:00-17:00
【お休み】 救急外来:24時間
【ホームページ】 http://www.ntuh.gov.tw/jp/default.aspx
【診療費の目安】

International Medical Service Center:日本語、英語対応可能です。 台湾大学医学部付設医院(略称:台大医院)は1895年に設立され、台湾大学医学部に属します。台大医院ではあらゆる診療科と専門分科の医療サービスを行っています。本院は2300床あまりの病床数を擁し、更に他の5箇所に分院があります。当院はJCI認証を取得し、毎年13000名を超える外国人患者を治療しています。 台大医院は各診療科に1300名を超える専任医師を擁し、全て許可を受けた医師資格登録者です。数多くの医師がヨーロッパ、アメリカ又は日本でハイレベルな臨床実習を受けた経験があります。ここ数年で、台大医院ではアジア初の交差適合試験陽性生体腎移植(2005年)とアジアでは初めてとなるロボットアームにより無事に完了した腎臓移植低侵襲手術(2012年)など、臨床面で革新的な成果をいくつかあげました。 台大医院では他の先進国に匹敵する医療技術を擁し、海外の方々にリーズナブルな費用で、上質で効率的な医療サービスが行えます。台大医院の心血管治療技術は台湾では他をリードしています。毎年約3400の心臓カテーテル病例を治療し、400例を超える心臓移植手術を完了し、成功率は90%以上になります。台大医院の心臓血管センターは2012年3月に正式に開業し、患者様にワンストップ型総合医療サービスを行います。 台大医院は心臓、肺、腎臓及び骨髄移植チームを擁しています。腎移植は3年以内の生存率は96%で、生体肝移植では82%です。台大医院の肝炎予防・治療センターは世界に先駆けた医療と科学研究部門です。ここでは慢性肝炎と肝がん(HCC)の患者様に連続スクリーニング、疾患管理と予後モニタリングサービスを行っています。台大医院は豊富な専門知識と経験を擁し中華系の人々に一般的な疾患を治療します。腫瘍科チームは肝がん(HCC)、非小細胞肺がん(NSCLC)、上咽頭がん(NPC)と末期胃がん(AGC)の治療が長所とする分野です。 2005年、台大医院では国際医療センターを設立し、海外と中国本土からの患者様にワンストップ型サービスを行うようになりました。このセンターで行うサービスには、外来診療予約、医療文書伝送、費用調整、医師紹介及びコンサルティング並びに旅行、宿泊、医療滞在ビザ申請、交通と外国語通訳・翻訳の手配などがあります。

ご受診後、病院の良かった点・改善点をコメントください

(コメント)患者様の声:台湾大学医学部付設医院(台灣大學附設醫院)National Taiwan University Hospitalの"良かった点"




(コメント)患者様の声:台湾大学医学部付設医院(台灣大學附設醫院)National Taiwan University Hospitalの"改善点"


台湾大学医学部付設医院(台灣大學附設醫院)National Taiwan University Hospitalの所在地


>

『病院・クリニック』情報

香港ドクター24 ブログ