HOME > マレーシア・オンラインドクター(マレーシアの病院・クリニック)

マレーシア・オンラインドクター(マレーシアの病院・クリニック)

ジョホールバルの病院・クリニック

診療科目を選ばない:ジョホールバルの病院・クリニックの一覧はこちら


クアラルンプールの病院・クリニック

診療科目を選ばない:クアラルンプールの病院・クリニックの一覧はこちら


セランゴールの病院・クリニック

診療科目を選ばない:セランゴールの病院・クリニックの一覧はこちら


マラッカの病院・クリニック

診療科目を選ばない:マラッカの病院・クリニックの一覧はこちら


ペラの病院・クリニック

診療科目を選ばない:ペラの病院・クリニックの一覧はこちら


ペナン島の病院・クリニック

診療科目を選ばない:ペナン島の病院・クリニックの一覧はこちら


ランカウイ島の病院・クリニック

診療科目を選ばない:ランカウイ島の病院・クリニックの一覧はこちら


クアンタンの病院・クリニック

診療科目を選ばない:クアンタンの病院・クリニックの一覧はこちら


クチンの病院・クリニック

診療科目を選ばない:クチンの病院・クリニックの一覧はこちら


ビントゥルの病院・クリニック

診療科目を選ばない:ビントゥルの病院・クリニックの一覧はこちら


コタキナバルの病院・クリニック

診療科目を選ばない:コタキナバルの病院・クリニックの一覧はこちら


ジョホールバルの歯科・歯医者さん

診療科目を選ばない:ジョホールバルの歯科・歯医者さんの一覧はこちら


クアラルンプールの歯科・歯医者さん

診療科目を選ばない:クアラルンプールの歯科・歯医者さんの一覧はこちら


セランゴールの歯科・歯医者さん

診療科目を選ばない:セランゴールの歯科・歯医者さんの一覧はこちら


マラッカの歯科・歯医者さん

診療科目を選ばない:マラッカの歯科・歯医者さんの一覧はこちら


ペラの歯科・歯医者さん

診療科目を選ばない:ペラの歯科・歯医者さんの一覧はこちら


ペナン島の歯科・歯医者さん

診療科目を選ばない:ペナン島の歯科・歯医者さんの一覧はこちら


ランカウイ島の歯科・歯医者さん

診療科目を選ばない:ランカウイ島の歯科・歯医者さんの一覧はこちら


クアンタンの歯科・歯医者さん

診療科目を選ばない:クアンタンの歯科・歯医者さんの一覧はこちら


クチンの歯科・歯医者さん

診療科目を選ばない:クチンの歯科・歯医者さんの一覧はこちら


ビントゥルの歯科・歯医者さん

診療科目を選ばない:ビントゥルの歯科・歯医者さんの一覧はこちら


コタキナバルの歯科・歯医者さん

診療科目を選ばない:コタキナバルの歯科・歯医者さんの一覧はこちら


マレーシア・コタキナバル:長期滞在予定です。診療科目を選ばない病院・クリニックの一覧掲載がなかったので教えていただきたい。

ご相談: 滞在先:マレーシア コタキナバル 長期滞在予定です。 診療科目を選ばない病院・クリニックの一覧掲載がなかったので教えていただきたい。 ご回答: この度、「コタキナバルの病院・クリニック」に関して、 お問合せ頂き […]

東南アジアでのデング熱流行状況

東南アジアの国々は本格的な雨季を迎え、デング熱の流行期に入っています。患者数はカンボジア、ラオス、マレーシア、ベトナムなどで増加していますが、いずれの国も昨年より少ない数です(WHO西太平洋 2018-7-19)。また、 […]

東南アジア地域に滞在(予定)の方へ、健康上の留意点

 熱帯性気候に属する東南アジア地域は、日本では馴染みのない病気もたびたび見られます。風邪だと勘違いして症状を悪化させてしまうケースもありますので、滞在中は、以下の点を留意されてください。 ・特に東南アジアでは、室内外の温 […]

【広域情報】薬剤耐性(AMR)について

●薬剤耐性(AMR)とは,抗菌薬(抗生物質,抗生剤)が効きにくくなる,または効かなくなることです。耐性菌が世界中で増え,一部の感染症では従来の薬では治らない,治りにくい場合が生じています。 ●薬剤耐性(AMR)の拡大を防 […]

東南アジアでのデング熱流行状況

東南アジアの多くの国は雨季を迎えており、デング熱の流行時期に入っています。今年はカンボジアで例年より患者数が増えていますが、マレーシア、シンガポール、ベトナム、フィリピンでは例年よりも少なくなっています(WHO西太平洋 […]

東南アジアでのデング熱の流行

東南アジア各国から報告されるデング熱の患者数は、今のところ昨年よりも少なく、まだ大きな流行はおきていません(WHO西太平洋 2018-5-10)。6月から多くの国が雨季を迎えるため、これから本格的な流行が始まることが予想 […]

ジカウイルスの精液中における感染性

米国CDCの報告によれば、ジカウイルスを発病した184人の男性を調査したところ、多くの患者から発病3か月後まで、精液中にウイルスのRNAが検出されました。しかし、ウイルスの感染性は、発病して1か月後には消失していました( […]

世界の麻疹(はしか)流行状況

日本では3月末から沖縄県で麻疹の患者数が増加し、4月23日までにその数は70人近くになっています。愛知県名古屋市でも、沖縄訪問後に麻疹を発病した患者から二次感染がおきている模様です。今回の沖縄県での流行は、台湾からの旅行 […]

マラリアの撲滅への高いレベルでの公約の維持-SEARO

2018年4月25日のマラリア・デーに合わせて、WHO東南アジア地域事務局長から、マラリア撲滅のために高いレベルでの公約を維持することが示されています。東南アジアから南アジアにかけては、現在もマラリアの大きな脅威が残る地 […]

●東南アジアでのデング熱流行状況

今年は東南アジアでのデング熱患者数が昨年よりも少ない数で推移しています。マレーシアやシンガポールは雨季になっていますが、デング熱の患者発生は低いレベルです。今後、タイやベトナムなどでも雨季が始まるため、本格的な流行はこれ […]