HOME > ●南アフリカでリステリア症の集団感染が発生

●南アフリカでリステリア症の集団感染が発生

2018年2月28日

2017年12月に南アフリカ共和国のGauteng州(ヨハネスブルのある地域)などでリステリア症の集団感染が発生しました(米国CDC2018-2-12,英国FitForTravel12018-2-21)。患者数は872人(164人死亡)にのぼり、このうち70%以上は新生児でした。リステリア症は乳製品などの経口摂取でおこる感染症で、妊婦や高齢者などが感染すると髄膜炎や敗血症など重篤な症状をおこします。感染した妊婦から生まれた新生児に症状が出ることもあります。感染源となる乳製品を加熱処理することで、予防することができます。