HOME > ブラジルでの黄熱流行は沈静化

ブラジルでの黄熱流行は沈静化

2018年4月26日

ブラジル南東部で発生している黄熱の流行は4月になり沈静化の傾向にあります。3月末から4月中旬までの新規確定患者数は26人で、2月から3月の1ヶ月間に発生した400人以上の患者数に比べて大幅に少なくなりました(ブラジル保健省 2018-4-19)。ブラジル政府による住民のワクチン接種が進んでいることや、ブラジル南東部が4月から乾季に入り蚊が減少するため、流行は次第に終息するものと予想されます。