HOME > ジカウイルスの精液中における感染性

ジカウイルスの精液中における感染性

2018年4月26日

米国CDCの報告によれば、ジカウイルスを発病した184人の男性を調査したところ、多くの患者から発病3か月後まで、精液中にウイルスのRNAが検出されました。しかし、ウイルスの感染性は、発病して1か月後には消失していました(New England Journal of Medicine 2018-4-12)。WHOや米国CDC では、ジカウイルスの流行地域に滞在した男性は、流行地域を離れても6カ月間はコンドームを使うなど安全な性行為をするように勧告しています。今回の調査結果により、この期間が短縮される可能性があります。